オーラルヒストリーとは お知らせ 「戦中・戦後を中国で生きた日本人」について インタビューリスト 関連資料
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『日本軍「山西残留」――国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後』に対する評、感想
戸川芳郎氏(東方学会理事長・東京大学名誉教授・中国思想史)

『日本軍「山西残留」』拝受。いっきに読了。

山西省地図と人名索引をくりながら、実に興味ぶかく、60年の中国研究を確かめながら、オーラル・ヒストリーを愉しみました。

懐かしい双塔寺の写真や河本大作の供述を読んでいて、1981年、木山英雄氏と太原から同蒲線を南へ北へ一周した時のこと、繰り返し思いおこしています。

日中戦争に対する一つの見方が、やっと落ちついた感じです。とくに近現代アジア史を学ぶ者の必読の書の一に加えたく思います。

藤堂明保氏の従軍記を復元したくなりました。
東方学界へ毎木曜出勤しています。お目にかかりたく。
192ページの「筆者」は米濱さんのコトですね! 人名索引に加うべし。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2008 OralHistoryProject Ltd, All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。