オーラルヒストリーとは お知らせ 「戦中・戦後を中国で生きた日本人」について インタビューリスト 関連資料
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『日本軍「山西残留」――国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後』に対する評、感想
田中博明氏(ギリシャ古典学)

夏ツバキが朝に花を付け、夕方には散り落ちる候となりました。夏の到来を予感いたします。

このたびは御高著『日本軍「山西残留」』を御恵与たまわり、まことにありがとうございました。二度くり返し拝読いたしましたが、周到な力作と存じます。中国史のゆるがぬ研究書・文献と私には思われました。いわゆる啓蒙書ではなく、純然たる学問書であります。伏して敬意を表する次第です。
“日中戦争外篇”と称すべき研究書だと思われます。

興味深く拝読いたしました。私にとっては、いわゆる「聞き書」ではありませんでした。「屋下に屋を架すことにはならない」研究文献と思われます。力作と書いた所以です。

「当時の中国の政治状況や国際情勢」については、全く素養や知識のない私ではありますけど、読読感は、以上の感想に尽きます。

ページに「╍╍╍本書においては普通の文章体に改めたが、山下氏の語った部分は【 】で示した」とありますが、この処理法は、米濱さんの歴史記述に正当性を付し、かつ研究書の性格を強めたように思われます。賢明な措置と思われます。

依然として“ふたつの中国”である現在、広く読まれるべき書と存じます。

論の展開にも、参考文献を付置し、心にくいばかりの歴史記述となっております。

ランケ以後、歴史が瑣末になり、いわゆる科学的歴史叙述が学界の流行となっておりますが、その流行はむしろ現代の悪弊となっていると、私には思われます。

米濱さんの御本はそれに対する頂門の一針ではないでしょうか? この方法的自覚は、『史記』を始めとする中国の正史やトウキュディデスを範とする、少なくとも3000年を閲するヨーロッパの歴史書に通底する意識と存じます。

すばらしい歴史書、歴史叙述と敬意を表する所以であります。

お礼までにて失礼します。力作です。

(字が書けないので、以下とりとめもないことを書き付けます。失礼をお許し下さい。)
  • 河本大作、名前しか知らなかったけど、とてもおもしろかった。
  • 御著を丸山真男氏にみせたかったと思いました。
  • 閻錫山、存在感があり、とてもおもしろかった。ルネサンス期の傭兵隊長みたいです。
  • 「三大規律・八項注意」の歌、聴けば思い出すかもしれません。
  • “太原”にかかわる叙述、光彩陸離たるもので、とてもおもしろかった。みごとな叙述です。
  • 『河本大作与日軍山西「残留」』、お訳しになってはいかがでしょう。
  • 第6章「証言」の項、とても考えさせられました。
  • とにかく、おもしろかった。山下さんにもくれぐれもよろしくお伝え下さいますように。
  • 研究態度に舌を巻きました。すごい。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2008 OralHistoryProject Ltd, All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。